成長ホルモンについて

成長ホルモン(GH)とは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで、糖やたん白質の代謝を調節したり、他のホルモンの分泌を促進・抑制して、バランスのとれた成長を促すはたらきをしています。

成長ホルモンは、背を伸ばしたり心身を健康な状態に保ったりするのに大切な役割を果たしています。成長ホルモンが不足している状態では、成長ホルモンを薬として使うとよい効果を生み出すことができますが、不適切な使い方では、効果が全くないか、むしろ身体に害になることもあります。

成長ホルモンは、肝臓に働いてIGF-I(インスリン様成長因子-Ⅰ、別名ソマトメジンC)と呼ばれる成長因子を作らせて血液中に放出させます。成長ホルモンは、同時に骨の成長板にも働いて骨を長軸方向に伸ばすことができます。しかし、ふつう思春期の後半に成長板が完成するとも言います)、成長ホルモンが働いてももう骨は長軸方向には伸びなくなります。

また、成長ホルモンは、一生の間分泌されていて、脂肪組織や筋肉など全身に働いて代謝を調節し、体の組成を正常な割合で維持し、身体機能を正常に維持するとともに、心理的な健康感を持たせる働きをしています。

子どもの頃に成長ホルモンが足りないと、骨がよく伸びないために背が低くなります。 これを、成長ホルモン分泌不全性低身長症と呼びます。 この場合には、成長ホルモンを注射で補うことにより、背を伸ばすことができます。

一方、成長ホルモンが多すぎる病気は、脳下垂体にある成長ホルモンを作る細胞が増える良性腫瘍(下垂体腺腫)によって起こり、先端巨大症(アクロメガリー)と呼ばれます。この病気では、その名の通り、あご・鼻・手足などが大きくなる以外に、発汗過多、頭痛、視野障害、月経不順、糖尿病、高血圧などをしばしば伴います。

だから成長ホルモンの薬を適正に使用すべきです。内服すると胃で分解されてしまい、効果が発揮できません。そのため、注射で補充する必要があります。

オススメサイト情報

バイアグラは医薬品です。通常シアリスを使うときに注意してもらいたいことがあります。それはバイアグラを服用するときは空腹時に服用することです。「えっ それだけ?」と思われるかもしれませんがそれがバイアグラを服用するときのキモです。バイアグラの効果成分シルディナフィルを空腹時に体内に十分吸収させることです。
早漏で悩んでいる男性は早漏に関することをたくさん調べていると思いますが早漏は簡単に克服できることではありません。早漏が性機能障害として学会で話し合いがありましたがなんら変わりはありません。だから医学的ではなく個人的にコツコツと克服していくことが大事なのかもしれません。精神的な面でも早漏を克服しなくてはいけないので一度泌尿器科の先生に恥ずかしがらずに全てを話して相談してみるといいかもしれませんね。そこから早漏の克服方法が見えてくるかもしれません。
媚薬の効果、媚薬って本当に効果があるんですか皆さんが一番疑問を持たれる部分だと思います。ここでお伝えしなければいけない事は、そもそも媚薬が医薬品ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品だという事です。つまり、何らかの要因があって処方されるものなのです。
レビトラ(Levitra)はドイツのバイエル薬品が開発・製造したこのED治療薬。塩酸バルデナフィルという物質をレビトラの主成分にしています。これによって海綿体に流れ込む血液の量を増やしの勃起力を向上させることができるのです。
早漏改善に関しては精力剤だけでなく様々な対策や手法があり、例えば射精しそうなタイミングになったらピストン運動をやめ、一時してから再開するという方法を繰り返したり、厚めのコンドームを使用して、刺激を出来る限り少なくするなどの方法があります。